【EVENT TICKET】8/17(金)19:30 『今の時代の民藝とは』鞍田崇(哲学者)x服部滋樹(graf )x松井利夫(アーティスト)

※こちらはイベント参加チケットです。書籍は付いていません。※
※通販のため、チケット発券手数料200円を頂戴しております。
ご入金後、整理番号を確定し、((発送はせず)) 店頭でお取り置きいたします。引き換えはイベント当日、レジカウンターでお名前をおっしゃってください。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

『今の時代の民藝とは』
鞍田崇(哲学者)x服部滋樹(graf )x松井利夫(アーティスト)

「丁寧な暮らし」という言葉が流行り、それと連動するように「民藝ブーム」ともいわれている一方で、正直なところ私にとって民藝品や工芸品は身近なものとは捉えにくいところがあります。

それはなぜでしょうか?

今の時代の生活から離れてしてしまった、遠い存在なのかもしれません。

そもそも「民藝」と聞くと皆さん何を思い浮かべますか?
古い器?地方のお土産品?

1920年代、日本がどんどん工業化していく中で柳宗悦によって作られたこの言葉は、その時代のアンチテーゼでした。
この言葉を私は「自分の価値観でモノを選ぶこと」だと考えています。


では現代における民藝とは、一体どういうことなのか。
アートと民藝の境界線とは?

そのことを、アーティストの松井利夫さん、哲学者の鞍田崇さん、クリエイティブディレクターの服部滋樹さんをゲストにお呼びし、3名それぞれの専門分野からの視点で紐解いていきます。

民藝や伝統工芸といったものに興味がある方も興味がない方も、ものづくりをされている方もそうでない方も、ぜひ様々な専門分野の方にご参加いただければ、と思います。
今回のトークイベントでは、皆様からの質問も受け付けております。

民藝に関することでお聞きしたいことがあれば、
mingei.to@gmail.comまでご連絡ください。
8/15(水)まで受け付けます。

【出演】(順不同、敬称略)
鞍田崇(哲学者)
服部滋樹(graf )
松井利夫(アーティスト)

【日時】
2018年8月17日(金)
開場18:45 開演19:30

※終了は21:30頃を予定

【会場】
スタンダードブックストア 心斎橋 BFカフェ
大阪市中央区西心斎橋2-2-12
クリスタグランドビル
TEL 06-6484-2239
■カフェ通常営業時間:11:00~22:30

※通販でチケットを購入された皆様へ:
登壇者の都合、また悪天候等の不測かつ突発的事由により、イベントが中止となった場合の返金額は、チケット代のみとなります。
※ キャンセルについて:
イベントが中止となった場合を除き、いかなる事情があってもご購入後のチケット代金の返金はいたしません。

¥ 2,200

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • イベント用(送料0円)

    全国一律 0円
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

ショップの評価