【サイン本】As the Call, So the Echo|奥山由之

奥山由之写真集 『As the Call, So the Echo』
※サイン入りです。
アートディレクション:葛西薫
発行:赤々舎
サイズ:254mm × 220 mm
ページ数:168ページ
布張り上製本

奥山由之の新作『As the Call, So the Echo』は、2年余りにわたり、ある村で暮らす友人の家族と、その周りの人々の日々の情景を撮りためたシリーズです。
当初は作品として発表する予定ではなく、目のまえの瞬間瞬間に反応し、受け入れ、シャッターを押したものでした。
それらは、奥山にとって、ある時から止まってしまった「写真の持つ気配」を、もう一度再生させるきっかけとなったのです。
具体と抽象を行き来し、豊かな色彩で、 人々がつくり出すものや、ひとつの命から始まる広がり、球体のような関係性を描き出す本書(4章構成)は、表現者としての奥山の新たな出発点になるとともに、写真の原点ともいえる力を湛えています。
『As the call, So the echo』(呼びかけたから、こだまが返ってきたんだ)── いつだったか、たまたま開いた本で、気になるその字面に目が留まったことからつけられた──というタイトルは、写真家と被写体、写真家と世界との間に交わされる、生命体としてのやりとりを想起させるものでもあります。

人と人とが交わす"何か"による交信を、時間を重層させながら映し出す本書もまた、「音にならない音」が聞こえる瞬間のように、読者に届くことを願っています。

¥ 4,860

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 地域別送料(820円)

    地域別設定
    • 北海道

      • 北海道 1,430円
    • 東北

      • 青森県 1,080円
      • 岩手県 1,080円
      • 宮城県 1,080円
      • 秋田県 1,080円
      • 山形県 1,080円
      • 福島県 1,080円
    • 関東

      • 茨城県 900円
      • 栃木県 900円
      • 群馬県 900円
      • 埼玉県 900円
      • 千葉県 900円
      • 東京都 900円
      • 神奈川県 900円
      • 山梨県 900円
    • 信越

      • 新潟県 900円
      • 長野県 900円
    • 北陸

      • 富山県 820円
      • 石川県 820円
      • 福井県 820円
    • 東海

      • 岐阜県 820円
      • 静岡県 820円
      • 愛知県 820円
      • 三重県 820円
    • 近畿

      • 滋賀県 820円
      • 京都府 820円
      • 大阪府 820円
      • 兵庫県 820円
      • 奈良県 820円
      • 和歌山県 820円
    • 中国

      • 鳥取県 820円
      • 島根県 820円
      • 岡山県 820円
      • 広島県 820円
      • 山口県 820円
    • 四国

      • 徳島県 900円
      • 香川県 900円
      • 愛媛県 900円
      • 高知県 900円
    • 九州

      • 福岡県 900円
      • 佐賀県 900円
      • 長崎県 900円
      • 熊本県 900円
      • 大分県 900円
      • 宮崎県 900円
      • 鹿児島県 900円
    • 沖縄

      • 沖縄県 3,100円
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

ショップの評価