IWAKAN Volume 01 特集 女男

『IWAKAN Volume 01 特集 女男 』

298mm ×210mm
50ページ

世の中の当たり前に“違和感”を問いかける雑誌を既存のジェンダー観に違和を感じるミュージシャン、ポルノディーバ、活動家と共に共創

創刊号の特集「女男」:男女二元論に違和感を投じてみる

「女の子だから行儀良くしなさい」、「男なら泣くな!」、「年相応じゃ
ないイタイやつ」など…親や学校、会社、メディアから投げかけられるた
くさんの“当たり前”。そんな当たり前に「それって本当にそうなのかな?
なんでなんだろう?」と”違和感”を抱く人たちに寄り添う雑誌を、私たちは刊行します。それらの違和感に100点の答えを出すのではなく、人々と共に考え、新たな当たり前を共に創造し、提案していきたい。今号では、既存のジェンダー観に違和感を抱くミュージシャン、ポルノディーバ、活動家の方々と一緒に雑誌を作り上げました。
「男性は、いつも勇敢で、積極的で、自信満々であるべき」「女性は、いつも謙虚”で従順で、恥じらい"を持っているべき」など、男女二元論で語られることが多いですが、本当にそうなのでしょうか?今号では、男女という当たり前に、様々な角度から「違和感」を問いかけています。

<インタビュー>
コムアイが語るジェンダーの違和感アーティスト・KOM_I(水曜日のカンパネラ・ボーカル)。
思いっきり女の子らしくしたかと思えば、中性的なファッションや佇まいで見る人を翻弄するKOM_Iならではの視点で、彼女が抱くジェンダー観について率直に語ってくれました。

<コラム>
STUDY OUR ISSUE vol.1 杉山文野
株式会社ニューキャンバス代表・杉山文野さんに、トランスジェンダーの言葉や定義、歴史、法制度、代表を務める東京レインボープライドについてお話しいただきました。

<アーティストページ>
違和感瞬間「GENDER/LIBERTY」
IWAKAN編集部で作り上げた、男女の違和感を表したアートワークページです。

<ユーザーボイス>
PEOPLE VOICE OPINION
男女の「違和感」についてWEBアンケートを実施いたしました。一人一人が感じた違和感が見過ごされないように、164名の全ての声を一言一句漏らさず掲載しております。

その他コンテンツ・・・ANIMAGRA / runurunu・性を旅する / 金森桜子・The 1000 Lives of Allanah Starr / Allanah Starr・PROGRESSIVE GENITALIA / Progressive Genitalia・詩和感 / 粘液、イシヅカユウ、Yae・New Comer {ring around the roses] / cally tan・ラディカルな穏健 / 佐々木ののか・Stopped Making Sense / Noemi Minami・なんちゃら話 / 須田レーナグレイス、雨夜・不完全な私のビューティーハンドブック / Yuri Abo・Asian Gaze / 潟見陽 from loneliness books・Games / Benoit Guillem

¥ 1,650

SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • スマートレター

    保障や追跡サービスがないことを予めご了承ください。

    全国一律 350円
通報する

ショップの評価