プカプカ 西岡恭蔵伝 | STANDARDBOOKSTORE

1/19

プカプカ 西岡恭蔵伝

¥1,980 税込

残り1点

別途送料がかかります。送料を確認する

『プカプカ 西岡恭蔵伝』
中部博

四六判、450ページ

「俺のあん娘」はもうひとりいた――

タバコ好きで、いつもプカプカ吸っている奔放な女性に恋する男の心情を歌ったヒット曲『プカプカ』。これまで50人を超えるアーティストにカバーされ、リリースから半世紀を経た今も多くの人に歌い継がれるこの名曲を生み出したのは、関西出身のシンガーソングライター・西岡恭蔵だった。

『サーカスにはピエロが』『君住む町に』『春一番』といった関西フォーク史に刻まれる定番曲、細野晴臣プロデュースによる『街行き村行き』やNHK「みんなのうた」で放送された『バナナ・スピリット』など、ファンに愛され続ける名曲は数えだしたら切りがない。矢沢永吉のスタンダード・ナンバーである『トラベリン・バス』や『A DAY』『あ・い・つ』などの作詞を手掛けたことでも知られている。

誰にも真似できない独自のサウンドを生み出した西岡恭蔵は、しかし、1999年4月に50歳という若さでこの世を去った。あまりに突然の訃報に言葉を失った友人・知人も多く、これまで1冊の評伝も出されていなかった。

本書は、その初めての本格評伝となる。

『プカプカ』誕生にまつわる“謎”の数々。
三重・志摩の海を見て育った少年時代の音楽的原点。
「君住む街」大阪へ出てから経験した初めての恋。
関西フォークの聖地・喫茶店「ディラン」での日々。
東京でのレコード・デビューと作詞家KUROとの結婚。
中米からアフリカまで世界中を旅して作ったラブソング。
創作に懸ける情熱と苦悩、最愛の伴侶KUROとの別れ。
そして、「ゾウさんとKURO」を支え続けた仲間たち――。

“不世出のシンガーソングライター”の知られざる生涯が、いま明かされる。

【編集担当からのおすすめ情報】
本書が400ページを優に超える長編になったことには理由があります。

この本は、西岡恭蔵さんという一人のシンガーソングライターの評伝であると同時に、その妻であり作詞家だったKUROさんとの”夫婦の物語”でもあります。
KUROさんは乳がんを患い、恭蔵さんが亡くなる3年前に46歳の若さで亡くなってしまいますが、いつもふたりで旅をして、一緒に歌をつくり、子どもを育てながら、互いを支え合った夫婦の軌跡は、どれほど言葉を尽くしても語りきれない感動に満ちています。
本文中には、恭蔵さんとKUROさんがつくった歌詞を多数掲載しています。ページをめくるごとに、ふたりが紡いだ歌が流れてくると思います。

目次
プロローグ ふるさとの海で
第一章 『プカプカ』の謎
第二章 海の匂いに恋した少年
第三章 ギターを抱いた十六歳
第四章 君住む街に
第五章 ディランという名の喫茶店
第六章 俺のあん娘は
第七章 レコード・デビューそして結婚
第八章 ろっかばいまいべいびい
第九章 旅して歌をつくるふたり
第十章 病魔
第十一章 KUROとの別れ
第十二章 Farewell Song
エピローグ 最後のラブソング
取材制作協力者・参考文献
あとがき
西岡恭蔵ディスコグラフィ

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (746)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥1,980 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品