アイム Snapshots taken by homeless people. | STANDARDBOOKSTORE

1/20

アイム Snapshots taken by homeless people.

¥2,310 税込

別途送料がかかります。送料を確認する

『アイム』Snapshots taken by homeless people.
Homedoor 編

A4判 横210mm × 縦297mm
224ページ
背がないため180度開くドイツ装
スリーブケース入りでデザインは4種類

大阪の「ホームレス」が使い捨てカメラで街を切り撮った写真集!

日本ではじめて、ホームレス状態にある人たちがカメラで街を切り取った写真集。クラウドファンディングで506人の方から600万円以上の支援を受けて書籍化されました。
彼らの世界をみる視点が、世界が彼らをみる視点に変化を与えることを願って。

・河川敷で10年以上暮らす元建設業の男性
・ネカフェ(インターネットカフェ)を転々とする元ホストの男性
・教会に通う元引きこもりの女性

カメラを手にしたのは、年齢も性別も状況もさまざまなホームレス状態の人たち。15名が撮った写真と巻末には14名のホームレス1人ひとりのインタビューを収録。

(pp. 138-139)美術館。子どものあれで、懐かしいなと思って。幼稚園のとき、先生
に「うまく描けましたから、 二科展に出したら優勝したんです。子どもさんと同行
してください」って言われて。新聞に名前載ってね。 ここで表彰式やったの。この
階段で、家族で、写真撮って。

(pp. 74-75)別に僕が三脚を立ててカシャカシャ撮ったんじゃなくて、バスに乗って
撮ったんですよ。ここで撮りた いなっていうポイントではあったんですけど、尾崎
豊の 「十七歳の地図 SEVENTEEN'S MAP」を意識して撮りました。歩道橋が歌詞の中
に出てくるんですよね。

(pp. 172-173)スズメがね、6月、梅雨時期はパンをやるんですよ。ちょうど子ス
ズメが生まれる時期なんで。やる前はね、何羽か死によったんです、梅雨の時期に。
それで夕方やるようになって。夕方になると集まってきよるんです。

【編者・発起人】
2010年から大阪でホームレス支援を続けてきた認定NPO法人「Homedoor」。
【巻末解説】
フォトジャーナリスト安田菜津紀
「彼らは街をよく知っている。ヘリコプターで見下ろしたような風景が見える場所、
スズメの子どもたちが生まれる季節、ひっそりとキツネが暮らしている茂み、猫が顔
を出す小窓。私が普段は黙って通りすぎてしまうであろう瞬間を、カメラでそっと、
拾い上げてくれていた」(解説より抜粋)

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (749)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥2,310 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品