MOMENT 3:City as a home | STANDARD BOOKSTORE

1/20

MOMENT 3:City as a home

¥1,980 税込

別途送料がかかります。送料を確認する

『MOMENT 3:City as a home』

B6版変形、164ページ

MOMENTは、あらゆる地域や分野を横断しながら、新しい都市のあり方を探索する人たちのためのトランスローカルマガジンです。創刊3号の特集は「City as a home」。自宅と近隣にとどまって過ごす日々のなかで、急速にしぼんでいく街への想像力をいかにして新たな形で取り戻すのか。香港、アムステルダム、埼玉県小川町などを巡って、ホームとしての都市のあり方について考えます。

香港在住の作家 / デザイナーによる書き下ろし小説から、認知症を包み込む都市のあり方を探る寄稿、有機農業のメッカを巡る循環の旅、演劇ユニットPort B主宰・高山明へのインタビュー、磯野真穂と坂口恭平の対談、自宅でつくるゴーストレストラン......などなど、ホームの世界を旅する3号をお届けします。

◎マイケル・ルンと歩く香港
Michael Leung
ロンドン生まれ香港在住のアーティスト/ デザイナーで、都市農業にかかわる多数の活動を展開するマイケル・ルン。超高層住宅とにぎやかな看板が林立する香港市街地の屋上で蜂を飼い、コンポストを置き、週末ごとに新界の農村に通う。

マイケルによる小説とインタビューで香港の日常を巡りながら、都市のマイクロポリティクス(小さな政治)を考える。揺れる香港でときほぐされ、結び直されるものとは。

レニー・ラマカースと話す新しいhomeの時代
Droog Design
1990年代にコンセプチュアル・デザインの流れをつくり出し、ものの見方を刷新し続けてきたオランダのデザイン・コレクティブDroog(ドローグ)。

近年はOpen HouseやDesign + Desiresなど都市にまつわるプロジェクトを次々と展開している。共同創設者のレニー・ラマカースは、激変する世界でいま何を見ているのか。第2の拠点バルセロナの自宅にいる彼女と話すホームのこと。

◎FOOD FOR TRANS-LOCAL
これからの地域の糧を探して
埼玉県小川町篇
そのつもり / PEOPLE / 横田農場 / 麦雑穀工房マイクロブルワリー
自家製酵母のベーカリー、半径5kmの食材でランチプレートをつくる喫茶兼書店、在来種を育て、種の自家採種をする有機農家、自給100%のビールをつくるブルワリー。

街の人が日々行き交い、頭と身体の糧(Food)を得る場を巡る連載第2回は、有機農業の地として知られる埼玉県小川町を巡る。彼ら彼女らの実践から、地域に深く根ざしながらも、その先の風景を形づくるトランスローカルのあり方を考える。

◎漫画 : 将来の集落
香山哲
最新刊『ベルリンうわの空 ウンターグルンド』をはじめ、日常生活に起こるさまざまな出来事を独自の視点で切り取る気鋭の漫画家、香山哲による新作連載コミック。

今号では「UVB-76」「すぐれたデバイス」2本の短編を描き下ろし。現在の世界が何度も滅亡した後に人類が形成するかもしれない、さまざまな形の集落を描く。

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (495)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥1,980 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品