アンダー・ゼア・サム | STANDARD BOOKSTORE

1/17

アンダー・ゼア・サム

¥2,750 税込

残り1点

別途送料がかかります。送料を確認する

『アンダー・ゼア・サム 』ブルックリンの青年が覗いたローリング・ストーンズの奥座敷
ビル・ジャーマン
池田祐司 監修 / 久保田祐子 翻訳

四六判、560ページ

10歳でローリング・ストーンズのファンになり、1978年、ハイスクール時代にこっそり忍び込んだ学校の印刷室でファンジン第1号を発行。〈ベガーズ・バンケット〉と題されたそのミニコミは、やがてローリング・ストーンズのメンバーにも認められ、遂にはバンドの公式ニュースレターに! しかし80年代以降、肥大化していくロック・ビジネスの流れのなかで、メンバーとは近いのにバンドは遠い存在になっていく.....。まるで目の前にキースやミックがいるかのような生き生きとした筆致で描かれる、涙と笑いの青春ノンフィクション!

目次
第1章 ブルックリン横丁で芽生えた夢のファンジン
第2章 卒業
第3章 踊るリッツの夜
第4章 ハンプトンで大暴れ
第5章 友を待つ
第6章 アップタウンのねぐらは害虫だらけ
第7章 合併
第8章 小鼠、大国に吠える
第9章 毎度お馴染み、怪しいヤツら
第10章 たった独りのいい野郎ども
第11章 愛やら希望やらセックスやら夢
第12章 最後に笑うのは......
第13章 すべての物語に絵を......
第14章 サンシャイン・ボーイズ
第15章 川を越えて森(ウッド)の深みへ
第16章 ニューヨークから生放送
第17章 カエルの子はカエル
第18章 おかしな関係 ビル&ジェーン
第19章 拾う神
第20章 誠意を賭けた大博打
第21章 砦の番人
第22章 新しい時代への片道切符
第23章 ほとけ
第24章 天の邪鬼を憐れむ歌
第25章 ロック界のラスプーチン
第26章 ミックとキースを徹底精神分析
第27章 ラジオ・デイズ
第28章 フェイク・ニュース
第29章 言葉の迷宮
第30章 弱肉強食の世界へいらっしゃい
第31章 ストーンズまでの隔たり
第32章 何石投じても一鳥も得ず
第33章 かわいい子には、よじれ旅
第34章 墓石ブルース
第35章 キースに解き放たれて
第36章 ベンに首ったけ
第37章 呪わしきツアー理念
第38章 ラスベガス万才
第39章 ビバリーヒルズの憂うつ
第40章 フランクに生きる道
エピローグ 無間地獄からの旅立ち

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (572)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥2,750 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品