蜥蜴の尻っぽ | STANDARD BOOKSTORE

1/19

蜥蜴の尻っぽ

¥1,100 税込

残り1点

別途送料がかかります。送料を確認する

『蜥蜴の尻っぽ』とっておき映画の話
野上照代

文庫判、296ページ

文学少女だった著者は伊丹万作と文通を重ね、終戦後、出版社で女性編集者となる。
井伏鱒二、太宰治、内田百閒などの名だたる文豪と交流し、やがて伊丹の縁で京都に渡り、
大映京都撮影所で記録見習いに。監督・黒澤明と出会う。
新米として『羅生門』の撮影現場に入り、最後の作品となった『まあだだよ』まで19本の黒澤映画に参加する。
数々の傑作を生み出した巨匠たちの素顔や交流を忘れられないエピソードとともに振り返る。
希望と混沌に満ち溢れた日本映画の黄金期を、山田洋次監督『母べえ』原作となった
自身の生い立ちとともに、懐かしく語り尽くす。

<目次より>
第Ⅰ部 インタビュー さらば、黄金の日々よ
第一章 焼け野原の青春
第二章 映画黄金期にすべりこむ
第三章 忍び寄る不協和音
第四章 不死鳥は飛ぶ
第五章 映画『母べえ』の原風景

第Ⅱ部 エッセイ集 落葉の掃き寄せ
三鷹町下連雀
「下戸の酒」
井伏先生とスニーカー
『赤ひげ』後のクロサワとミフネ
『静かな生活』垣間見録
『たそがれ清兵衛』の撮影現場を訪ねて
『明日へのチケット』のためにキアロスタミの家を訪ねた

文庫版付録 クロサワの素顔と撮影現場──NHK BS2番組より
(対談:紅谷愃一/出目昌伸/加藤武/仲代達矢/小泉堯史)

野上照代(ノガミテルヨ)
1927年、東京生まれ。黒澤明監督映画のスクリプター、のちに制作助手。戦後、出版社勤務ののち、伊丹万作監督の遺児(後の伊丹十三)の世話を頼まれ、京都へ。1949年、大映京都撮影所に記録見習いとして就職。1950年、黒澤明監督『羅生門』に初参加する。以後、東宝に移り、『生きる』以降の黒澤作品すべてに参加(他監督作品も多数)。またエッセイストとしても有名で、1984年、「父へのレクイエム」で第5回読売・女性ヒューマン・ドキュメンタリー大賞優秀賞を受賞。同作は2008年に山田洋次監督『母べえ』として映画化された。著書に、『完本 天気待ち』(草思社文庫)、『母べえ』(中央公論新社)、『黒澤明 樹海の迷宮―映画「デルス・ウザーラ」全記録1971-1975』(共著・小学館)、ほか多数の黒澤関係の出版物に編者としてかかわっている。現在、黒澤映画の「語り部」として様々なメディアで活躍中。

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (495)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥1,100 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品