往復書簡 ひとりになること 花をおくるよ | STANDARDBOOKSTORE

1/14

往復書簡 ひとりになること 花をおくるよ

¥1,760 税込

別途送料がかかります。送料を確認する

『往復書簡 ひとりになること 花をおくるよ』
植本一子 / 滝口悠生

176ページ
寄稿 武田砂鉄
立体 O JUN
装丁 飯村大樹
校正 藤本徹
印刷 innuniq

写真家・植本一子さんが5月末に刊行予定の新作は、小説家の滝口悠生さんとの往復書簡です。
2021/11から2022/4にかけて8往復、16通のやり取りを収録しています。
家族について、書くことについて、ひとりになることについて。
話題は多岐に渡り、約7万字、164ページの完全書き下ろしです。
あとがきにはお二人の共通の友人である武田砂鉄さんの特別寄稿も。

ぜひ!

植本一子(うえもといちこ)
写真家。1984年広島県生まれ。
2003年にキヤノン写真新世紀で優秀賞を受賞。
2013年より下北沢に自然光を使った 写真館「 天然スタジオ」を立ち上げ、一般向けの記念撮影をライフワークとしている。
著書に『働けECD わたしの育児混沌記』『かなわない』『家族最後の日』『降伏の記録』 『台風一過』『うれしい生活』など。


滝口悠生(たきぐち ゆうしょう )
小説家。1982年東京都生まれ。
2011年「楽器」で新潮新人賞を受けデビュー。2015年『愛と人生』で野間文芸新人賞、2016年『死んでいない者』で芥川賞。
著書に『寝相』『ジミ・ヘンドリクス・ エクスペリエンス』『茄子の輝き』『高架線』『やがて忘れる過程の途中( アイオワ日記)』『長い一日』など。

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (751)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥1,760 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品